Macでアプリケーションメモリが不足していますの解決策

author 橋本 学
date 2021-11-24

Macを利用しているとき、急に「アプリケーションメモリが不足しています」というメッセージが出て来る状況に遭ったことはありますか?このポップアップメッセージが現れたら、今の作業を続けられないだけならまだしも、Macがフリーズしたら困ります。Macメモリが足りない時、「アプリケーションメモリが不足しています」のエラーが頻繁にポップアップし、何度も私達の作業を中断させ、メモリ不足の解消法を求めなければなりません。

この記事では、Macでのメモリ管理について、Macbookのメモリ使用状況を確認する方法、および「アプリケーションメモリが不足しています」に対してメモリ解放 (opens new window)の方法を紹介していきます。

解決策1、ディスクスペースを解放する

Macドライブの空き容量は仮想メモリに変換され、パソコンはドライブの空き容量に応じてアプリを処理し続けます。これは物理的なメモリが足りない時の助けです。専門家などの経験によると、ドライブの中には少なくとも20%の空きスペースを残しておくべきです。これは「アプリケーションメモリが不足しています」を解決するだけでなく、Macの処理速度も向上させます。

「アプリケーションメモリが不足しています」から抜き出し、Macのメモリを開放するには、専門のメンテナンスアプリがあるとかなり助かります。ここで Macube クリーナー (opens new window) というMac専用のメモリークリーナーをおすすめします。 「Macubeクリーナー」 はMacの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。このアプリを利用して、Macから簡単に不要なファイルを検出して削除できます。

今すぐ 「Macubeクリーナー」 を無料ダウンロードして、Macでメモリ管理を行い、メモリを開放して「アプリケーションメモリが不足しています」と戦いましょう!

# 1、ジャンクファイルを削除する

「Macubeクリーナー」 を起動して、メイン画面にある 「スマートスキャン」 をクリックします。そして、 「ゴミ箱」「アプリキャッシュ」「システムログ」「システムキャッシュ」 などの不要なジャンクファイルにチェックを入れて、 「クリーン」 ボタンを押して一括削除します。これらMacの容量を占有してずっと整理されていないごみファイルは「アプリケーションメモリが不足しています」を招き、Macの容量不足の元凶です。

スマートスキャン

# 2、古い大容量ファイルを削除する

次は 「古い大容量ファイル」 を検索して削除しましょう。ファイルを整理する習慣がないと、Macに古いファイルがたくさん蓄積されます。メモリー不足の解消法の一つとして、Macのメンテナンスアプリを利用してこういう要らないファイルを削除することで、メモリ解放ができて「アプリケーションメモリが不足しています」を解決します。

古い大容量ファイル

# 3、重複ファイルを削除する

誤操作で同じファイルを繰り返しダウンロードすることがあります。これらの重複ファイルはサイズが大きいと、Macの容量を甚だ浪費してしまいます。 「Macubeクリーナー」「重複ファイル」 機能を利用すれば、重複ファイルを簡単に探し出して、「アプリケーションメモリが不足しています」のエラーが起こる可能性を減らします。

重複ファイル

# 4、不要なアプリをアンインストールする

よく知られているように、アプリケーションはMacの容量を大分占めています。また、一部のアプリケーションは、たとえ起動されていなくても、自動的にバックステージで実行しますので、Macのメモリをもっと苦労させます。だから、ほとんど使わないアプリを早めにアンインストールするのはMacのメモリ解放に大切で、「アプリケーションメモリが不足しています」を解決できるメモリー不足の解消法の重要な一つだと思われます。 「Macubeクリーナー」 を利用して、ワンクリックで不要なアプリとその関連ファイルをすべて削除できます。

アンインストール

専門のメンテナンスアプリを利用すれば、手動でファイル・アプリを整理する必要がなく、手軽にMacのメモリ管理を行い、メモリ解放が効果的にできます。Macのメモリをクリアしたら、「アプリケーションメモリが不足しています」というメッセージは二度と現れません。早速Mac専用のメモリークリーナー Macube クリーナー (opens new window) をダウンロードしましょう!

解決策2、拡張機能とログイン項目を管理する

プラグインやアドインなどのツールは、Macの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。拡張機能が多すぎると、お使いのMacは重くなります。これらの拡張機能は、Macのメモリを一部占有するので、現在必要ではない拡張機能をオフまたは削除して、Macのメモリを開放することを提案します。

ログイン項目はMacを起動する時に自動的に読み込むプログラムです。Macでメモリ解放をすると、それらもクリアしたほうがいいです。アプリ自体は削除されず、自動的に起動することを阻止するので心配しないでください。

「Macubeクリーナー」 にも 「機能拡張」 機能が搭載されていて、拡張機能とログイン項目をうまく管理できます。これでもMacの「アプリケーションメモリが不足しています」の状況を緩和できます。

機能拡張

解決策3、Chromeのタスクマネージャを調整する

Chromeには自分のタスクマネージャがあります。これは便利なツールで、Chromeブラウザで進行しているプロセスのメモリ使用状況を確認してもらえ、さらにブラウザからMacbookのメモリを大量に消費するプロセスを終了できます。

手順:Chromeの設定(右上隅の3つの点のアイコン)>「その他のツール」>「タスク マネージャ」に進みます

タスクマネージャ

より多くのMacメモリを開放するには、GPUプロセスを終了してください。GPUプロセスは理論的にページを高速化するのに役立つことができますが、メモリをたくさん消費します。それをクリックして、Macのメモリ使用量を開放して、「アプリケーションメモリが不足しています」のエラーを避けます。

解決策4、デスクトップを整理する

「アプリケーションメモリが不足しています」というMacメモリー不足の解消法として、これは非常に効果的です。あなたのデスクトップには多くのファイルがいっぱいになっているかもしれません。実際には、MacOSはすべてのデスクトップアイコンを小さなアクティブウィンドウとして扱うので、アイコンが多いほど、Macのメモリを多く占めます。したがって、Macのデスクトップを整理された状態に保って、利用可能なメモリを開放することがおすすめです。

デスクトップ

解決策5、Dashboardウィジェットを無効にする

2017年までは、Dashboardが提供しているほとんどのタスクには専用のアプリがあるので、Dashboardの機能は時代遅れになりました。だから、この機能をオフにするのは問題ないですし、Macのメモリ使用量を開放して、「アプリケーションメモリが不足しています」を解決するのに役立ちます。

手順:「システム環境設定」>「Mission Control」に進みます

Dashboard

解決策6、Finderのメモリ使用量を削減する

Finderが消費している約1 GBのMacメモリを開放できる簡単な方法があります。デフォルトでは、フォルダをブラウズしている時に、Finderはすべてのファイルを検索するように設定されています。これは、Finderがすべてのファイルに対するアクセス権を記憶してメモリに保存する必要があり、Macに過剰な負荷が掛かっています。

手順:Finderを起動して、上部のメニューバーから「Finder」>「環境設定」>「一般」に進みます

環境設定

プルダウンメニューから、すべてのファイル以外の設定をします。それからFinderを閉じて再起動します。このようにすることで、Macのメモリ解放ができ、「アプリケーションメモリが不足しています」も緩和できます。

解決策7、開くウィンドウの数を減らす

複数のウィンドウを同時に実行するとメモリに負担をかけます。したがって、できるだけすべてのウィンドウを一つに結合することでメモリの使用量が減少させます。ブラウザ以外に、Finderウィンドウにも適用されます。

手順:Finderを起動し、「ウィンドウ」>「すべてのウィンドウを結合」をクリックします

すべてのウィンドウを結合

Macで複数のアプリを実行している場合も同じです。使う必要があるアプリだけを開くなら、Macのメモリを効果的に解放でき、「アプリケーションメモリが不足しています」のエラーが出て来る可能性が低くなります。

Macbookのメモリ使用状況を確認する方法

「アクティビティモニタ」にアクセスしてMacbookのメモリ使用状況を確認することができます。これはタスクマネージャで、実行中のアプリとプロセス、Macのメモリ、CPUなどがどのように使用されているかを表示できます。

手順:「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「アクティビティモニタ」>「メモリ」に進みます

アクティビティモニタ

アプリケーションメモリ:アプリや処理によるもの
確保されているメモリ:アプリによって確保されているメモリで解放は不可
圧縮:無効状態のメモリで、他のアプリに用いる事が可能
スワップ使用領域:MacOSが使用しているメモリ
キャッシュファイル:実質的に利用可能なメモリ

ここで注意すべきなのは、左のグラフ「メモリプレッシャー」がオレンジまたは赤で表示されていると、Macのメモリ不足を意味し、「アプリケーションメモリが不足しています」のエラーが出て来るかもしれません。こういう時は早速メンテナンスアプリ 「Macubeクリーナー」 を利用して、Macのメモリ解放を行い、「アプリケーションメモリが不足しています」エラーの現れを阻止しましょう。

avator
編集者
橋本 学、Macube 日本語チームのライター。Apple製品の大ファンで、Macについて様々な経験や実用的な方法を紹介します。