【キャッシュクリア】Macの一時ファイルを削除する方法

author 橋本 学
date 2021-10-27

Macは使用中に様々なキャッシュファイルを保存し続けます。キャッシュされたファイルが蓄積しすぎると、他のファイルを保存できなくなり、Macの動きも重くなりますので、定期的にキャッシュされたファイルを削除する必要があります。この記事では、Macのキャッシュクリアについて、アプリケーション、システムなどの一時ファイルを削除する方法を紹介します。

専門アプリでMacのキャッシュを削除・クリアする

Macのキャッシュを手動でクリアするのは面倒くさくて、誤って重要なファイルを削除する可能性もあります。だから、ここでワンクリックでMacのキャッシュを正確に削除できるアプリ「Macube クリーナー (opens new window)」をおすすめします。 「Macubeクリーナー」 はAdobeイラレなどのアプリケーションの一時ファイル、システムキャッシュをMacから一括削除でき、Google Chrome、Safariなどのキャッシュクリアもできます。今すぐ 「Macubeクリーナー」 を無料ダウンロードしてMacのキャッシュを削除・クリアしましょう!

# Macのアプリケーションとシステムのキャッシュを削除する

Macのアプリケーションとシステムのキャッシュを削除する場合は、 「Macubeクリーナー」 を起動してから、メイン画面にある 「スマートスキャン」 を選択します。そして 「スマートスキャン」 ボタンを押します。数秒後Macにあるすべての不要ファイルが検出されました。需要によって 「アプリキャッシュ」「システムキャッシュ」 などにチェックを入れてから、 「クリーン」 ボタンを押してMacにキャッシュされたファイルを削除します。

スマートスキャン

# Macのブラウザキャッシュを削除する

Google Chrome、Safariなどのキャッシュクリアには、メイン画面にある 「プライバシー保護」 を選択します。アプリケーションとシステムキャッシュのクリアと同じように、削除したいブラウザキャッシュにチェックを入れて 「クリーン」 を押し、Macのキャッシュ削除ができました。

この機能ではGoogle Chrome、Safariなどのキャッシュクリアができるだけではなく、ブラウザの閲覧履歴や入力履歴 (opens new window)も削除できます。

プライバシー保護

「Macubeクリーナー」 を利用すれば、簡単な操作でアプリケーション、システム、ブラウザのキャッシュをMacから安全に削除できます。キャッシュクリア以外に、 「Macubeクリーナー」 はMac専用のメンテナンスアプリとして、アプリを完全にアンインストールする機能、拡張機能を管理する機能、写真管理機能なども搭載していて、Macを最適化することに非常に役立ちます。皆さんは需要があれば、ぜひ使ってみてください。

Macのキャッシュ削除に関する質問

# 削除できるMacのキャッシュファイルとは?

お使いのMacで削除できるキャッシュは、大きく分けて3種類あります。それはシステムキャッシュ、ユーザーキャッシュ(アプリキャッシュや DNSキャッシュを含む)、ブラウザキャッシュです。これらのキャッシュされたファイルは 「Macubeクリーナー」 ですべて削除できます。

# キャッシュはMacのどこにありますか?

実際には、ユーザーキャッシュ(アプリキャッシュ)は〜/ Library / Cachesフォルダーにあります。例えば、ChromeのキャッシュがMacに保存する場合は、~/Library/Caches/com.google.chromeです。各アプリには専用のフォルダーがあり、対応するフォルダーで簡単に見つけることができます。私たちがアプリケーションのキャッシュをクリアする場合は、つまりライブラリにあるキャッシュを削除することです。

# キャッシュとクッキーの違いは?

キャッシュファイルとは、基本的にはハードディスクに保存されている一時データファイルで、処理を高速化するために使用されます。例えば、ブラウザはウェブページの画像をキャッシュにダウンロードします。このようにして、今度このサイトにアクセスする時に、この画像を再度ダウンロードする必要はありません。

クッキーファイルとはキャッシュされたファイルの一部です。ブラウザはこのクッキー形式のキャッシュを集めて、以前に訪れたウェブサイトの内容を記憶します。クッキーはあなたの訪問詳細、滞在時間、ページ上の活動などの情報を収集して、広告主はこれらの情報を使ってインターネット上であなたの情報を追跡します。どんなに迷惑でも、クッキーは現在のインターネット世界の一部で、私たちは受け入れざるを得ません。

「Macubeクリーナー」「プライバシー保護」 機能を利用すれば、ブラウザのキャッシュもクッキー (opens new window)もMacから削除できます。

# Macのキャッシュを削除しても安全ですか?

「Macubeクリーナー」 を利用する場合なら、答えは安全です。キャッシュはウェブサイトをスムーズに閲覧し、アプリケーションを実行するのに役立ちます。Macのキャッシュをクリアするのは基本的な情報だけ削除します。もしシステムがこれらのキャッシュを必要とするなら再作成できます。したがって、Macのキャッシュを以上の手順の通りで削除すると極めて安全です。手動でMacのキャッシュクリアを行うなら、誤削除のリスクがありますので安全とは言えません。

それに、一度にすべてのキャッシュされたファイルをMacから削除するのは絶対に安全ではありません。Macは実行中の操作をリアルタイムでキャッシュしますので、あるアプリケーションを実行している場合、このアプリケーションのキャッシュを削除するとすべての進捗がクリアされます。現在使っていないアプリケーションのキャッシュ、つまり古いファイルをMacから削除してもいいです。

ちなみに、Macのアプリケーションを直接に削除しても、キャッシュしたファイルは同期にクリアしたことではないことに注意してください。Macのアプリ本体とそのキャッシュを完全に削除したいなら、 「Macubeクリーナー」「アンインストール」 機能を利用してください。

avator
編集者
橋本 学、Macube 日本語チームのライター。Apple製品の大ファンで、Macについて様々な経験や実用的な方法を紹介します。