【Mac】キャッシュの削除方法|アプリキャッシュ・システムキャッシュ

author 橋本 学
date 2022-04-14

Macを長時間使うと、キャッシュファイルがどんどん溜まって、ストレージを圧迫することがあります。

それに悩んで、Macのキャッシュを速やかに削除したい読者の為に、本記事で適用なツールと使い方を紹介させてください。

一、キャッシュの種類には何がありますか?

お使いのMacで消去できるキャッシュは、大体て3種類があります。

- システムキャッシュ

- ユーザーキャッシュ(アプリのキャッシュや DNSキャッシュを含む)

- ブラウザキャッシュ

キャッシュファイルとCookieの違いは

Macで使用されている「キャッシュ」という用語を見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、それが実際に何を意味するのか知っていますか?

キャッシュファイルは基本的に、処理を高速化するためにハードドライブに保存される一時的なデータファイルです。 たとえば、ブラウザ「Safari」はWebページからキャッシュに画像をダウンロードするため、次にサイトにアクセスしたときに画像を再度ダウンロードする必要はありません。

Cookieファイルはキャッシュファイルの一部です。ブラウザは、以前にアクセスしたWebサイトのコンテンツを記憶するために、このCookie形式のキャッシュを収集します。Cookieは、訪問、滞在時間、ページでのアクティビティなどに関する情報を収集します。これらの情報は、広告主がインターネット上の情報を追跡するために使用します。どんなに迷惑でも、クッキーは今日のインターネットの世界の一部であり、私たちはそれらを「受け入れる」必要があります。

二、Macでキャッシュを削除する理由とは?

キャッシュは、Macの動作を高速化します。しかし、多すぎるキャッシュは貴重な記憶領域を占有するだけでなく、Macのパフォーマンスを低下させます。ディスクプログラムの問題は、MacBookから古いキャッシュをクリアする際の多くの問題の1つにすぎません。では、他の利点は何ですか?

- 古いコンテンツの読み込みのWebページの遅延を修正

- ウェブサイトやアプリに保存されている個人データを削除する

- アプリケーションから古いキャッシュを強制的に削除する必要

三、Macのキャッシュは簡単に削除できるものか?

一般に、Macのキャッシュファイルは問題なくて削除できるものです。

アプリを実行するために、Macがたくさんの情報を頻繁に再参照するので、一時的にそれらの情報を格納します。格納されたファイルは、キャッシュファイルとして保存されます。Macのハードディスクに情報を保存することで、アプリの情報を読み込む時間が短縮され、実行速度がもっと早くなります。

iMac/MacBookで、これらのキャッシュファイルを削除してもぜんぜん問題ありません。もし削除したキャッシュはアプリに対して必要の場合、次の起動後、アプリは自動的にキャッシュファイルをもう一度作成します。ですから、重要なデータが削除されることやクラッシュ問題が発生することを心配する必要がありません。

アプリがキャッシュを保存するのは理由があります。しかし、偶に一部のアプリがめったに使わないキャッシュを大量作成する場合もあります。Macでこれらのキャッシュを削除して、ストレージ容量を解消しましょう。

四、どうすればMac OS X/macOSでキャッシュをクリアできるか?

キャッシュフォルダ中のすべてのファイルを直接削除することはお勧めしません。削除すべきキャッシュファイルは以下です。

①アンインストールされたアプリケーションが残されたキャッシュファイル

②大容量のキャッシュファイル、特にめったに使わないアプリが作成したもの

# 1.【簡単】専門アプリでMacのキャッシュをクリア

Macubeクリーナー (opens new window) とは、Macでキャッシュを削除できるクリーナーアプリです。この掃除専門アプリによってMacのキャッシュを削除するには、手動的にキャッシュを消去すると比べてよほど簡単で、しかも能率的だと思います。 下記のダウンロードボタンをクリックすると、 「Macubeクリーナー」 を無料でダウンロードしてみましょう。

# Macのアプリキャッシュを削除したい場合

どうすればMacのアプリキャッシュデータを削除できるでしょうか? 「Macubeクリーナー」 を利用すると、二つの方法でできます。

方法一:まずはiMac / MacBookで「Macube クリーナー」を起動します。 メイン画面から 「スマートスキャン」 のボタンをクリックします。スキャンボタンを押してからゴミデータの検出が始まります。後ほど検出された結果で、要らないアプリキャッシュフォルダをチェックして 「クリーン」 ボタンを押してください。

キャッシュフォルダの数が多くて、特定なフォルダを探すのが難しいならば右上の検索ボックスを使ってください。又は並び替えボタンを押して、日付やサイズなどによって表示順を替えてから探してください。

アプリキャッシュ

方法二:「アンインストーラ」 機能では、アプリから作られたキャッシュフォルダと共に削除することができます。この特性を利用して、 「クリーン」 する前にアプリケーション本体前のチェックを外したら、キャッシュフォルダのみを削除することが可能です。

この方法ではアプリケーションごとにアイコンが付けられ、削除したいキャッシュフォルダを探しやすいと思います。

アンインストーラ

# Macのシステムキャッシュを削除したい場合

システムキャッシュはMacがアプリやシステムサービスへのアクセスを最速化する為の仕組みです。ですが無駄のキャッシュが大量溜まってるとストレージに対してあまりよくないので偶には一度システムキャッシュをクリアすることがおすすめです。

システムキャッシュ 削除

Safari等のブラウザのキャッシュを削除したい場合

「プライバシー」 機能からスキャン出したブラウザデータにチェックを入れて、 「クリーン」 ボタンを押すだけでMacのブラウザキャッシュを削除できます。

プライバシー 削除

Macube クリーナー を利用すれば、ほんの数クリックで簡単に要らないキャッシュデータをMacから削除できます。それ以外の色んなMacファイル整理・システム最適化機能も備えているので興味があればどうぞダウンロードして、実際使って試してください。

# 2.手動でMacのキャッシュを削除

ステップ1. Command + Shift + Gを押せば、 「フォルダへ移動」 ウィンドウが表示されます。そこで 「~/Library/Caches/」 を入力すれば、キャッシュフォルダへ直接移動することが可能です。

フォルダへ移動

ステップ2. Macでとあるアプリの一時ファイル削除したいならば、アプリの名前を検索して、そのアプリのキャッシュファイルを探して削除すればいいです。

ステップ3. とりあえずMacでの大きなキャッシュファイルを削除したい時には、 「キャッシュ」 フォルダウインドウの歯車ボタンを押して、 「表示オプションを表示」「すべてのサイズを計算」 の順にクリックします。そうすると、Macのキャッシュフォルダはサイズ順で表示できます。

写真 容量

フォルダウインドウで 「サイズ」 をクリックすると、フォルダのサイズ順でMacのアプリキャッシュフォルダを並べ替えることができます。そしてdeleteキーを使って、Macのキャッシュを削除することができます。

フォルダ サイズ

もしMacでキャッシュを削除することについて、なにか質問がある場合、下記のコメント欄でコメントを残してください。

avator
編集者
橋本 学、Macube 日本語チームのライター。Apple製品の大ファンで、Macについて様々な経験や実用的な方法を紹介します。