MacのCPU使用率を確認する方法を大公開

author 橋本 学
date 2021-08-04

Macを買ったばかりのころ、沢山のアプリを開いても、Macの動作を早くて、迅速で反応してくれます。ところで、長い時間でMacを使用すると、別に沢山のアプリとかプロセスを起動していなくても、Macの動作がどんどん重くなりますね。

その原因は、あるアプリがCPUを大量に消費している考えられます。もしどのアプリが高いCPUを消費するかを知らないなら、Macの 「アクティビティモニタ」 機能で簡単に確認できます。

さらに 「アクティビティモニタ」 のプロセスを終了する機能で、Macの動作を軽くさせられるはずです。また、CPU値が高かくなっても使えばければならないソフトもありますね。例えば、Google、FirefoxなどのブラウザのCPU値が高かくなったらどうしましょう。それにに対して、 Macube クリーナー (opens new window) でブラウザから不要なジャンクファイルを削除することで、CPU値を下げる可能です。

では、記事を読みながら、MacのモニターからCPU使用率を確認してください。または不要データを削除することで、CPU使用率を下げましょう。

一、MacからCPU使用率を確認する手順

簡単に言うと、 「アクティビティモニタ」 はプロセスの状態を監視するために作られたモニターです。このモニターがあれば、各プロセスがどれくらいのCPUを使用しているか確認できます。しかも、ここではプロセスを強制的に終了できます。もしMacの動作が重くて、アプリがフリーズの状態になって動かなくなったら、 「アクティビティモニタ」 で該当アプリを終了できます。

1、Finder>「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「アクティビティモニタ」 を順序にクリックします。

アプリケーションをクリック

2、 画面で各アプリやプロセスのCPU、メモリなどの使用情况が確認できます。CPUの利用率を確認する場合、上部の 「CPU」 ボタンを押します。

「CPU」を押す

3、 該当項目をダブルクリックすることで詳しい情報が見られます。

詳しい情報

4、 ポップアップが表示すると、 「終了」 、または 「強制終了」 をクリックすることで、プロセスを終了できます。

終了

注意: 強制終了機能を利用する場合、編集しているファイル(例えばオフィスファイル)は保存しているかどうかまず確認しましょう。ファイルを保存しない状態で強制終了機能を使った場合、編集したものは保存されません。

初心者がこのCPUの使用率を確認する方法を難しいと思うなら、もっと簡単な方法があります。

二、初心者でも簡単にMacのCPU使用率を確認できる方法

Macube クリーナー (opens new window) は画面が簡潔のおかげで、パソコンの苦手な方でも一目のその機能を見通せます。つまり、だれでもこの方法で簡単にMacのCPUの使用率を確認できます。

また、アプリ内のファイルが重ねるほど、動作する時使用のCPUも高くなります。そのため、アプリから不要なファイルをクリーンすることもCPUの使用率を下げられます。もし使用しているブラウザは動作が重い場合、 「Macube クリーナー」 のクリーンアップする機能の出番です。

1、「Macube クリーナー」 をMacにダウンロードし、インストールします。

2、 ソフトを起動します。そしてメニューバーに Macube のアイコンをクリックするとCPUの使用率が見られます。

システム情報

三、MacのCPU使用率が高い時の対処

自動で起動する不要なアプリケーションなどがCPU使用率を高くさせる原因と考えられます。 「Macube クリーナー」 では必要のないアプリを一気に削除する機能もあります。

まず左側のリストから 「アンインストーラ」 でMacをスキャンしましょう。それから、Macのアプリの情報が見られます。 「クリーン」 で不要なアプリを削除することができます。

お持ちのMacはジャンクファイルや余計なアプリに容量を圧迫されているなら、 「Macube クリーナー」 の削除機能を利用してみましょう。

クリーン

また、CPU使用率が高くて下がらない時、使用するアプリを終了し、Macの電源を切って一度再起動することをおすすめします。

avator
編集者
橋本 学、Macube 日本語チームのライター。Apple製品の大ファンで、Macについて様々な経験や実用的な方法を紹介します。